【怪談本】「怪談最恐戦2019」を忖度なしで徹底レビュー

  • URLをコピーしました!

怪談本のレビュー企画、今回は「怪談最恐戦2019」をレビューしていきます。

もくじ

「怪談最恐戦2019」レビュー

タイトル怪談最恐戦2019
著者共著
出版元竹書房
発売日2020/3/28
話数38話(221ページ)
Amazon評価 3.8

怪談は一話ごとに評価をしていきますが、基本的な評価基準は以下です。

プラス評価
マイナス評価
  • リアリティーがある
  • ゾクゾクして怖い
  • 何だか不気味
  • ジーンと感動する
  • ワクワクして面白い
  • ロマンを感じる
  • 想像を掻き立てられる
  • 興味深い
  • 創作感が強い
  • 脚色感が強い
  • ありきたりである
  • どこかで聞いたことがある
  • 読んでも何も感じない
  • 単純につまらない

収録されている怪談と一話ごとの評価は以下ですが、ジャンルは人によって「不思議な話」と感じる方もいれば「怖い話」と感じる方もいると思うので、あくまでも参考程度に捉えてください。

スクロールできます
タイトルジャンル評価
#1山のひと怖い 3.5
#2上階の女の子怖い 3.5
#3ある怪談の余波怖い 3.0
#4家族石怖い 3.5
#5異音 アフレコ現場にて怖い 3.0
#6引っ越し怖い 3.0
#7喫煙室不思議 3.0
#8事故物件怖い 2.5
#9花束怖い 3.0
#10鉄臭い怖い 3.0
#11友人からの呼び出し怖い 3.0
#12生贄怖い 3.0
#13除霊方法怖い 3.5
#14身代わり怖い 3.5
#15よだれ怖い 3.0
#16臍の緒怖い 3.0
#17宇土殺怖い 3.0
#18磁力怖い 3.0
#19牛のキーホルダー怖い 3.0
#20話が違う怖い 2.5
#21赤い顔怖い 3.0
#22怖い 3.0
#23ご遺体怖い 3.5
#24私のもん怖い 3.5
#25家族の絆怖い 3.5
#26お祖母ちゃんとの思い出怖い 3.5
#27怪談二話怖い 3.5
#28仕事の夢不思議 3.0
#29一幡様不思議 3.0
#30オーバーラン不思議 3.0
#31不思議 3.0
#32血の契り不思議 3.0
#33製本屋怖い 3.0
#34黒い影不思議 2.5
#35二人目の彼女不思議 3.0
#36ワンピースとおじさん不思議 2.5
#37行き着く不思議 2.5

ピックアップ

ここでは印象的だった怪談をいくつかピックアップして、簡単にあらすじを紹介します。

家族石

竹田さんには古い付き合いの友人がおり、その友人がある日「大変なことになった、助けてくれ」という電話をしてきた。

驚いて友人の家へ行くと、彼が深刻な表情で、「俺の家族ってさ、俺と嫁さんと五歳の娘の三人だろう?なのに、先週から突然、子供が一人増えたんだ」と真顔で言ってきた。

ただ友人は、「その理由に心当たりがある」とも言う。

友人は登山が好きなのだが、先日、山へ行った時、山肌の岩壁の中にくり抜かれた小さなほらを見つけたという。中を覗き込むと、こぶし大程度のツルツルとした石が二十個ほど並べられていた。

石の表面には、「父・母・子」という文字がそれぞれに彫られている。

用途もわからないうえ、とにかく気味悪く感じたが、その一方で面白いものを見つけたという思いもあり、記念にひとつ「子」と書かれた石を持って帰ってしまったのである…。

まとめ

がお的総合評価 3.0

今作は26話まで「怪談最恐戦2019」の予選と本戦で語られた話がピックアップされており、27話に前回チャンピオンのありがとうぁみさんの怪談で、以降は投稿作品という構成でした。

個人的には4点を超える話はありませんでしたが、トーナメント式の大会で語られた話ということで、それなりのレベルの話がいくつもありました。

普段大会でどんな怪談が語られているのか興味がある方は、読むと雰囲気を感じられるかもしれません。

レビュー済みの怪談本は以下でまとめています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

もくじ