【2022年】歴代「Apple Watch」全モデルのスペックなどを徹底比較

  • URLをコピーしました!

これまで「歴代iPhone」と「歴代iPad」のスペックなどを徹底比較してきましたが、今回は「歴代Apple Watch」のスペックなどを徹底比較します。

スペースの関係上、スペック表では以下のようにデバイス名を省略しています。

デバイス名の表記

  • Apple Watch Series 7 → Series 7
  • Apple Watch Series SE → Series SE
  • Apple Watch Series 6 → Series 6
  • Apple Watch Series 5 → Series 5
  • Apple Watch Series 4 → Series 4
  • Apple Watch Series 3 → Series 3
  • Apple Watch Series 2 → Series 2
  • Apple Watch Series 1 → Series 1
  • Apple Watch(第1世代) → 第1世代

他のApple製品も徹底比較しています。

もくじ

歴代「Apple Watch」発表日と発売日

歴代「Apple Watch」発表日と発売日

例年9月の第2~3週あたりに新作発表があり、20日前後に発売されます。

デバイス名発表日日本発売日
Series 72021/09/152021/10/15
Series SE2020/09/152020/09/18
Series 62020/09/152020/09/18
Series 52019/09/102019/09/20
Series 42018/09/122018/09/21
Series 32017/09/122017/09/22
Series 22016/09/072016/09/16
Series 12016/09/072016/09/16
第1世代2015/03/092015/04/24

歴代「Apple Watch」カラーバリエーション

歴代「Apple Watch」カラーバリエーション

同じシリーズでもケースの種類ごとにカラーバリエーションが異なります。

「Apple Watch」では本体のことを「ケース」と呼びますが、保護ケースのことではありません。

デバイス名ケース素材カラーバリエーション
Series 7アルミニウム・グリーン
・ブルー
・ミッドナイト
・スターライト
・(PRODUCT)RED
ステンレス・シルバー
・ゴールド
・グラファイト
チタニウム・スペースブラック
・チタニウム
Series SEアルミニウム・シルバー
・ゴールド
・スペースグレイ
Series 6アルミニウム・シルバー
・ブルー
・ゴールド
・スペースグレイ
・(PRODUCT)RED
ステンレス・シルバー
・ゴールド
・グラファイト
チタニウム・スペースブラック
・チタニウム
Series 5アルミニウム・シルバー
・ゴールド
・スペースグレイ
ステンレス・シルバー
・ゴールド
・スペースブラック
チタニウム・スペースブラック
・チタニウム
セラミック・ホワイト
Series 4アルミニウム・シルバー
・ゴールド
・スペースグレイ
ステンレス・シルバー
・ゴールド
・スペースブラック
Series 3アルミニウム・シルバー
・ゴールド
・スペースグレイ
ステンレス・シルバー
・スペースブラック
Series 2アルミニウム・シルバー
・ゴールド
・ローズゴールド
・スペースグレイ
ステンレス・シルバー
・スペースブラック
Series 1アルミニウム・シルバー
・ゴールド
・ローズゴールド
・スペースグレイ
第1世代ステンレス・シルバー
・スペースブラック
デバイス名ケース素材カラーバリエーション
Series 7アルミニウム・グリーン
・ブルー
・ミッドナイト
・スターライト
・(PRODUCT)RED
ステンレス・シルバー
・ゴールド
・グラファイト
チタニウム・スペースブラック
・チタニウム
Series SEアルミニウム・シルバー
・ゴールド
・スペースグレイ
Series 6アルミニウム・シルバー
・ブルー
・ゴールド
・スペースグレイ
・(PRODUCT)RED
ステンレス・シルバー
・ゴールド
・グラファイト
チタニウム・スペースブラック
・チタニウム
Series 5アルミニウム・シルバー
・ゴールド
・スペースグレイ
ステンレス・シルバー
・ゴールド
・スペースブラック
チタニウム・スペースブラック
・チタニウム
セラミック・ホワイト
Series 4アルミニウム・シルバー
・ゴールド
・スペースグレイ
ステンレス・シルバー
・ゴールド
・スペースブラック
Series 3アルミニウム・シルバー
・ゴールド
・スペースグレイ
ステンレス・シルバー
・スペースブラック
Series 2アルミニウム・シルバー
・ゴールド
・ローズゴールド
・スペースグレイ
ステンレス・シルバー
・スペースブラック
Series 1アルミニウム・シルバー
・ゴールド
・ローズゴールド
・スペースグレイ
第1世代ステンレス・シルバー
・スペースブラック

歴代「Apple Watch」販売価格

Apple Watchの価格はケースの種類・ディスプレイサイズ・ベルトの種類の組み合わせによって異なります。

販売価格はケース×サイズ×ベルトで異なる

  • ケース素材
  • ディズプレイサイズ
  • ベルトの種類

日本発売開始時の価格です。

デバイス名ケース素材販売価格
Series 7アルミニウム41mm:48,800円~
45mm:52,800円~
ステンレス41mm:82,800円~
45mm:88,800円~
チタニウム41mm:94,800円~
45mm:100,800円~
Series SEアルミニウム40mm:29,800円~
44mm:32,800円~
Series 6アルミニウム40mm:42,800円~
44mm:45,800円~
ステンレス40mm:72,800円~
44mm:77,800円~
チタニウム40mm:82,800円~
44mm:87,800円~
Series 5アルミニウム40mm:42,800円~
44mm:45,800円~
ステンレス40mm:72,800円~
44mm:77,800円~
チタニウム40mm:82,800円~
44mm:87,800円~
セラミック40mm:133,800円~
44mm:138,800円~
Series 4アルミニウム40mm:45,800円~
44mm:48,800円~
ステンレス40mm:74,800円~
44mm:79,800円~
Series 3アルミニウム38mm:36,800円~
42mm:39,800円~
ステンレス38mm:64,800円~
42mm:69,800円~
Series 2アルミニウム38mm:37,800円~
42mm:40,800円~
ステンレス38mm:55,800円~
42mm:60,800円~
Series 1アルミニウム38mm:27,800円~
42mm:30,800円~
第1世代ステンレス38mm:66,800円~
42mm:71,800円~

歴代「Apple Watch」本体サイズ

歴代「Apple Watch」本体サイズ

基本的に同じシリーズの同じディスプレイサイズであれば、「GPSモデル」と「GPS + Cellularモデル」ともに同じ大きさです。

スペック表にはそれぞれのモデルを以下のように表記しています。

  • GPSモデル:GPS
  • GPS+Cellularモデル:Cellular
デバイス名モデルサイズ(縦×横×厚さ)
Series 7GPS41mm:41×35×10.7mm
45mm:45×38×10.7mm
GPS + Cellular41mm:41×35×10.7mm
45mm:45×38×10.7mm
Series SEGPS40mm:40×34×10.7mm
44mm:44×38×10.7mm
GPS + Cellular40mm:40×34×10.7mm
44mm:44×38×10.7mm
Series 6GPS40mm:40×24×10.7mm
44mm:44×38×10.7mm
GPS + Cellular40mm:40×24×10.7mm
44mm:44×38×10.7mm
Series 5GPS40mm:40×34×10.74mm
44mm:44×38×10.74mm
GPS + Cellular40mm:40×34×10.74mm
44mm:44×38×10.74mm
Series 4GPS40mm:40×34×10.7mm
44mm:44×38×10.7mm
GPS + Cellular40mm:40×34×10.7mm
44mm:44×38×10.7mm
Series 3GPS38mm:38.6×33.3×11.4mm
42mm:42.5×36.4×11.4mm
GPS + Cellular38mm:38.6×33.3×11.4mm
42mm:42.5×36.4×11.4mm
Series 2GPS38mm:38.6×33.3×11.4mm
42mm:42.5×36.4×11.4mm
GPS + Cellular38mm:38.6×33.3×11.4mm
42mm:42.5×36.4×11.4mm
Series 1GPS38mm:38.6×33.3×10.5mm
42mm:42.5×36.4×10.5mm
第1世代GPS38mm:38.6×33.3×10.5mm
42mm:42.0×35.9×10.5mm
デバイス名モデルサイズ(縦×横×厚さ)
Series 7GPS41mm:41×35×10.7mm
45mm:45×38×10.7mm
Cellular41mm:41×35×10.7mm
45mm:45×38×10.7mm
Series SEGPS40mm:40×34×10.7mm
44mm:44×38×10.7mm
Cellular40mm:40×34×10.7mm
44mm:44×38×10.7mm
Series 6GPS40mm:40×24×10.7mm
44mm:44×38×10.7mm
Cellular40mm:40×24×10.7mm
44mm:44×38×10.7mm
Series 5GPS40mm:40×34×10.74mm
44mm:44×38×10.74mm
Cellular40mm:40×34×10.74mm
44mm:44×38×10.74mm
Series 4GPS40mm:40×34×10.7mm
44mm:44×38×10.7mm
Cellular40mm:40×34×10.7mm
44mm:44×38×10.7mm
Series 3GPS38mm:38.6×33.3×11.4mm
42mm:42.5×36.4×11.4mm
Cellular38mm:38.6×33.3×11.4mm
42mm:42.5×36.4×11.4mm
Series 2GPS38mm:38.6×33.3×11.4mm
42mm:42.5×36.4×11.4mm
Cellular38mm:38.6×33.3×11.4mm
42mm:42.5×36.4×11.4mm
Series 1GPS38mm:38.6×33.3×10.5mm
42mm:42.5×36.4×10.5mm
第1世代GPS38mm:38.6×33.3×10.5mm
42mm:42.0×35.9×10.5mm

歴代「Apple Watch」ストレージ容量とチップ

Apple Watchのストレージ容量はシリーズごとに固定されており、iPhoneやiPadのようにストレージ容量を選んで購入することはできません。

新しい機種ほど容量が多く、最新チップが搭載されており高性能です。

スペック表にはそれぞれのモデルを以下のように表記しています。

  • GPSモデル:G
  • GPS + Cellularモデル:C
デバイス名ストレージ容量チップ
Series 7G:32GB
C:32GB
・S7 SiP(64ビットデュアルコアプロセッサ搭載)
・W3(Appleワイヤレスチップ)
・U1チップ(超広帯域)
Series SEG:32GB
C:32GB
・S5 SiP(64ビットデュアルコアプロセッサ搭載)
・W3(Appleワイヤレスチップ)
Series 6G:32GB
C:32GB
・S6 SiP(64ビットデュアルコアプロセッサ搭載)
・W3(Appleワイヤレスチップ)
・U1チップ(超広帯域)
Series 5G:32GB
C:32GB
・S5 SiP(64ビットデュアルコアプロセッサ搭載)
・W3(Appleワイヤレスチップ)
Series 4G:16GB
C:16GB
・S4 SiP(64ビットデュアルコアプロセッサ搭載)
・W3(Appleワイヤレスチップ)
Series 3G:8GB
C:16GB
・S3 SiP(デュアルコアプロセッサ搭載)
・W2(Appleワイヤレスチップ)
Series 2G;8GB
C:-
・S2 SiP(デュアルコアプロセッサ搭載)
・W1(Appleワイヤレスチップ)
Series 1G:8GB
C:-
・S1P(デュアルコアプロセッサ搭載)
第1世代G:8GB
C:-
・S1
デバイス名容量チップ
Series 7G:32GB
C:32GB
・S7 SiP(64ビットデュアルコアプロセッサ搭載)
・W3(Appleワイヤレスチップ)
・U1チップ(超広帯域)
Series SEG:32GB
C:32GB
・S5 SiP(64ビットデュアルコアプロセッサ搭載)
・W3(Appleワイヤレスチップ)
Series 6G:32GB
C:32GB
・S6 SiP(64ビットデュアルコアプロセッサ搭載)
・W3(Appleワイヤレスチップ)
・U1チップ(超広帯域)
Series 5G:32GB
C:32GB
・S5 SiP(64ビットデュアルコアプロセッサ搭載)
・W3(Appleワイヤレスチップ)
Series 4G:16GB
C:16GB
・S4 SiP(64ビットデュアルコアプロセッサ搭載)
・W3(Appleワイヤレスチップ)
Series 3G:8GB
C:16GB
・S3 SiP(デュアルコアプロセッサ搭載)
・W2(Appleワイヤレスチップ)
Series 2G;8GB
C:-
・S2 SiP(デュアルコアプロセッサ搭載)
・W1(Appleワイヤレスチップ)
Series 1G:8GB
C:-
・S1P(デュアルコアプロセッサ搭載)
第1世代G:8GB
C:-
・S1

歴代「Apple Watch」バッテリー駆動時間

1日のバッテリー駆動時間はすべてのシリーズが同じです。

バッテリーの駆動時間は、Appleが発売前にソフトウェアを使ってテストした結果であり、各々の使用状況により実際の駆動時間は異なる場合があります。

デバイス名バッテリー駆動時間
Series 7最大18時間
Series SE最大18時間
Series 6最大18時間
Series 5最大18時間
Series 4最大18時間
Series 3最大18時間
Series 2最大18時間
Series 1最大18時間
第1世代最大18時間

歴代「Apple Watch」健康機能

歴代「Apple Watch」健康機能

Apple Watchの裏側(皮膚に触れる側)にはセンサーがあり、アプリを使って心電図や心拍数・血中酸素濃度を測定できます。

  • 血中酸素ウェルネスセンサーでできること
    • 血中酸素レベルの測定(使い方
  • 心拍センサーでできること
スクロールできます
デバイス名血中酸素ウェルネスセンサー心電図アプリ心拍センサー
Series 7第3世代の光学式
Series SE第2世代の光学式
Series 6第3世代の光学式
Series 5第2世代の光学式
Series 4第1世代の光学式
Series 3第1世代の光学式
Series 2心拍センサー
Series 1心拍センサー
第1世代心拍センサー

歴代「Apple Watch」その他の機能

その他の主な仕様や機能を紹介します。

  • 耐水性能
    • 装着したままプールや海を泳ぐことは可能ですが、スキューバダイビングなどの低水深を超える潜水を伴うアクティビティでは使用できません
  • 常時表示
    • ディスプレイがスリープ状態にならない
  • 転倒検出
    • 激しく転倒すると自動的に緊急通報サービスに連絡
  • 常時計測の高度計
    • 現在の標高をリアルタイムで検出
スクロールできます
デバイス名耐水性能常時表示転倒検出常時計測の高度計
Series 750m
Series SE50m
Series 650m
Series 550m
Series 450m
Series 350m
Series 250m
Series 1
第1世代

「Apple Watch」の選び方

現在アップルストアで取り扱いがあるのは以下の機種のみのため、他の機種が欲しい場合は、通販サイトなどで購入する必要があります。

アップルストアで取り扱いがある機種
  • Series 7(最新機種)
  • Series SE(コスパが良い機種)
  • Series 3(型落ちで安い機種)

各シリーズの簡易スペック表は以下です。

スペックサイズ価格
Series 7高い大きい高い
Series SE普通普通普通
Series 3低い小さい安い

スペック重視の方

最上位モデル
Apple Watch Series 7

サイズ41/45mm
ストレージ32GB
チップS7 SiP
バッテリー最大18時間
搭載センサー血中酸素ウェルネス
第3世代の光学式心拍

現在発売されているもっともハイスペックな最新モデルのApple Watchです。

前モデルのSeries 6と比較すると、縁の部分が40%削減されたことで、ディスプレイが大きく見やすくなっていたり、充電時間が33%速くなっています。

コスパ重視の方

コスパ重視のモデル
Apple Watch Series SE

サイズ40/44mm
ストレージ32GB
チップS5 Sip
バッテリー最大18時間
搭載センサー第2世代の光学式心拍

スペックと価格を抑えたお手頃なApple Watchです。

血中に取り込まれた酸素レベルを測定できなかったり、心電図アプリが使えない他にも、ディスプレイを常時表示にできないなどのデメリットがあります。

その代わり最新機種よりも約20,000円も価格が安いため、「最新」にこだわらず「コスパ」を重視する方にオススメです。

価格重視の方

型落ちモデル
Apple Watch Series 3

サイズ38/42mm
ストレージGPSモデル8GB
Cellularモデル16GB
チップS3 SiP
バッテリー最大18時間
搭載センサー第1世代の光学式心拍

アップルストアで販売されているもっとも古いApple Watchです。

最新モデルと比べると多少動作がもっさりしていますが、ゲームなどの高負荷のアプリを使用するわけではないので、今でも全然余裕で使えます。

価格はSeries SEよりもさらに安いため、価格重視の方にオススメです。

まとめ

僕も日頃からApple Watchを使っていますが、SuicaやPASMOを登録しておけば、財布も携帯も持たない手ぶらの状態でも買い物ができるので、非常に便利でオススメです。

がお

新作が出る度に記事を更新する予定です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

トップへ
もくじ
閉じる