【怪談本】稲川淳二「稲川怪談 昭和・平成傑作選」を忖度なしで徹底レビュー

  • URLをコピーしました!

怪談本のレビュー企画、今回は稲川淳二さんの「稲川怪談 昭和・平成傑作選」をレビューしていきます。

もくじ

「稲川怪談 昭和・平成傑作選」レビュー

稲川淳二「稲川怪談 昭和・平成傑作選」
タイトル稲川怪談 昭和・平成傑作選
著者稲川淳二
出版元講談社
発売日2021/06/17
話数40話(224ページ)
Amazon評価 4.5
著者情報:稲川淳二

タレント・工業デザイナー・怪談家。深夜ラジオで人気を博し、「オレたちひょうきん族」「スーパージョッキー」などテレビ番組で元祖リアクション芸人として活躍。またラジオやテレビでの怪談が好評を博し、1987年に発売されたカセットテープ「あやつり人形の怪 秋の夜長のこわ~いお話」が大ヒットとなり、以後「怪談家」としても活動。

全国を巡る「稲川淳二の怪談ナイト」は2021年で29年目を迎え、披露した怪談は約500話、動員数延べ61万人に達し、現在も年間50公演ほど開催している。

怪談は一話ごとに評価をしていきますが、基本的な評価基準は以下です。

プラス評価
マイナス評価
  • リアリティーがある
  • ゾクゾクして怖い
  • 何だか不気味
  • ジーンと感動する
  • ワクワクして面白い
  • ロマンを感じる
  • 想像を掻き立てられる
  • 興味深い
  • 創作感が強い
  • 脚色感が強い
  • ありきたりである
  • どこかで聞いたことがある
  • 読んでも何も感じない
  • 単純につまらない

収録されている怪談と一話ごとの評価は以下ですが、ジャンルは人によって「不思議な話」と感じる方もいれば「怖い話」と感じる方もいると思うので、あくまでも参考程度に捉えてください。

スクロールできます
タイトルジャンル評価
#1おじさんと見た白尾不思議 3.0
#2虫の知らせ不思議 3.5
#3長田君の話不思議 3.0
#4弁天岩の死体寂しい 3.5
#5ばかばかしい話面白い 2.5
#6真夜中のエレベーター不思議 3.0
#7三月の工房不思議 2.5
#8宿坊不思議 2.5
#9宝物殿怖い 3.0
#10首吊りの因縁不思議 3.0
#11リヤカー怖い 3.0
#12血を吐く面怖い 3.0
#13迎えにきたマネージャー不思議 3.5
#14ロケバス怖い 3.5
#15憑いてるタクシー怖い 3.0
#16銀星号不思議 2.5
#17スーパーの調理場怖い 3.5
#18クラス会不思議 3.0
#19探しもの怖い 3.5
#20長い死体怖い 3.5
#21東北の山林の邸怖い 3.5
#22奥秩父の吊り橋怖い 3.5
#23立川の踏切怖い 3.0
#24吹上トンネル怖い 3.0
#25新島の海軍基地怖い 3.0
#26川崎の消防署怖い 3.0
#27小淵沢のT字路怖い 3.0
#28樹海怖い 3.0
#29犬鳴峠怖い 3.0
#30沖縄の廃屋怖い 3.5
#31赤いはんてん怖い 3.0
#32ゆきちゃん怖い 3.5
#33暗闇の病院不思議 3.5
#34夢の中の踏切に立つ女不思議 3.0
#35ミシン怖い 3.5
#36深夜の訪問者怖い 3.5
#37遅れてきたふたり怖い 3.5
#38身代わり人形怖い 3.5
#39赤いぽっくり不思議 3.0
#40緑の館不思議 3.5

ピックアップ

ここでは印象的だった怪談をいくつかピックアップして、簡単にあらすじを紹介します。

身代わりの人形

これは和歌山のとある女性の話で、その方が女子高生の時の体験談です。

彼女は春に地元の高校を卒業して、憧れの大阪の短大に入学が決まった。ところが、その頃から彼女の周りに不可解なことが起こり始める。初めの頃は机に向かっていると、どこからか人に見られているような視線を感じていた。気になって部屋の中を見回して見ても別に変わったこともなく、誰もいるわけがない。そんなことが頻繁に起こるようになった。そのうちに、机に向かっている自分に背後から誰かが近づいてくる気配がしてきた。

「あ、お母さん?」と思って振り向いてみても誰もいない。時にはヒタヒタヒタと去って行く足音がすることもあった。さすがに気味が悪くなったので、その話をお母さんにしてみたが、「大学でひとり暮らしが始まるもんだから、興奮してんじゃないの?」と言われた。

このあともどんどん彼女の身の回りで怪異が存在感を増していくのだが、それは彼女もお母さんも忘れていたある人形が原因だった。

まとめ

がお的総合評価 4.0

今作には怪談界のレジェンド稲川淳二が過去に語った怪談40話が収録されており、4つの章に分かれています。

  • 第一章:怖い記憶(10話)
  • 第二章:怖い噂(10話)
  • 第三章:怖い場所(10話)
  • 第四章:怖い噺(10話)

怪談はすべて話し言葉で書かれているので、文字を目で追うだけで稲川さんが語っている様子が容易に想像でき、稲川さんの声が脳内再生されます。

もし稲川さんの怪談を聞いたことがなければ、YouTubeに公式チャンネルがあるので、何話か稲川さんの語りを聞いてから読むとより楽しめるはずです。

内容に関してですが、前半はちょっとした小話やちょっとした怪異の話が多く、後半になるにつれ徐々に怪談らしい話が増えて来ます。

中には現実離れし過ぎて、怪談というよりアニメ日本昔話に出て来てもおかしくないレベルの話もありました。

また僕は怪談の中でも現実味のある”実話怪談”が好きなのですが、何話か「なんでそんなことわかるの?」と疑問に思った話がありました。

たとえば「赤いはんてん」という話では、婦人警官が一人で夜のトイレを張り込む場面があり、張り込み中にそのトイレで亡くなるのですが、周りに誰も人がいないのに、なぜトイレ内でのセリフや出来事がわかるのか疑問です。

ただの怪談好きであれば気にも止めないことかもしれませんが、実話怪談好きとしては、そういった細かいディティールがちょっと気になりました。

とは言っても、40話たっぷりと稲川さんの怪談を楽しめたので、怪談好きの方や稲川淳二ファンの方にオススメできる一冊でした。

レビュー済みの怪談本は以下でまとめています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

トップへ
もくじ
閉じる