【怪談本】夜馬裕「厭談 戒ノ怪」を忖度なしで徹底レビュー

  • URLをコピーしました!

怪談本のレビュー企画、今回は夜馬裕さんの「厭談 戒ノ怪(えんだん いましめのかい)」をレビューします。

もくじ

「厭談 戒ノ怪」レビュー

夜馬祐さんの著書「厭談 戒ノ怪」
タイトル厭談 戒ノ怪
著者夜馬裕
出版元竹書房
発売日2021/12/27
話数18話(223ページ)
Amazon評価 4.9
著者情報:夜馬裕

相方のインディと怪談師コンビ「ゴールデン街ホラーズ」を結成。カクヨム異聞選集コンテスト大賞。第7回幽怪談実話コンテスト優秀賞。怪談最恐戦2020優勝。話数の豊富さと、練られた構成の怪談には定評がある。

怪談は一話ごとに評価をしていきますが、基本的な評価基準は以下です。

プラス評価
マイナス評価
  • リアリティーがある
  • ゾクゾクして怖い
  • 何だか不気味
  • ジーンと感動する
  • ワクワクして面白い
  • ロマンを感じる
  • 想像を掻き立てられる
  • 興味深い
  • 創作感が強い
  • 脚色感が強い
  • ありきたりである
  • どこかで聞いたことがある
  • 読んでも何も感じない
  • 単純につまらない

収録されている怪談と一話ごとの評価は以下ですが、ジャンルは人によって「不思議な話」と感じる方もいれば「怖い話」と感じる方もいると思うので、あくまでも参考程度に捉えてください。

スクロールできます
タイトルジャンル評価
#1特別室怖い 3.5
#2お籠めさま興味深い 4.0
#3お絵描き怖い 3.5
#4ゆれる影怖い 4.0
#5まごころの椅子不思議 3.5
#6事故現場不思議 3.5
#7逃げ回る男怖い 3.5
#8しもべより怖い 3.5
#9さらわれた女不思議 3.5
#10すねこすり不思議 3.5
#11墳墓の丘奇妙 4.0
#12一番の親友切ない 3.0
#13愛犬怖い 4.0
#14子どもをよろしく怖い 3.5
#15隣人奇譚不気味 4.0
#16ダメかもしれない怖い 3.0
#17お嫁さん儀式怖い 4.5
#18交差点奇妙 3.5

ピックアップ

ここでは印象的だった怪談をピックアップして、簡単にあらすじを紹介します。

お籠めさま

今から二十年ほど前、仁志さんが三十代前半の頃、母方の伯母が病死した。生涯独身を貫いた人で、配偶者や子供もいない。

妹にあたる仁志さんの母親は早くに亡くなっているため、伯母が長年暮らした日本家屋の一軒家は、甥である仁志さんが相続することになった。

とはいえ、伯母の家は北関東の山間部にあり、東京で働く仁志さんには不便過ぎて住むことができない。売却も考えたが、かなりの田舎なので、土地まで含めても二束三文にしかならないことを知ると、手先が器用でDIYの得意な仁志さんは、この家を自分の手でリフォームして、休日に訪れる別荘へ改築しようと考えた。

平日は東京で働いて、金曜の夜になると車を走らせ伯母の家へ行き、土日の二日間かけて、徐々に家の中を作り替える。伯母が数十年にわたり使い古した状態なので、綺麗に整えるには時間を費やしたが、そんな生活を半年間も続けるうちに、ようやく最後のひと部屋までリフォームが進んだ。

残すは、伯母が寝室にしていた奥の間のみだが、作業に取り掛かろうと天井から吊るされた掛け軸を外すと、後ろから予想もしていなかったものが現れた…。

まとめ

がお的総合評価 4.5

今作は夜馬裕さんの2冊目の単著で、長編3割・短編1割・残り8割といった構成になっており、個人的には「お籠めさま」「ゆれる影」「墳墓の丘」「愛犬」「隣人奇譚」「お嫁さん儀式」が読み応えがあり非常に良かったです。

一見すると、収録されている18話はそれぞれが独立した怪談ですが、読み進めていくと裏で繋がっている話がいくつもあり、本を読み終えたあとまた最初から読み直したくなりました。

ちなみに今作には、夜馬裕さんの友人が失踪した話が2話収録されており、「墳墓の丘」は高校時代の友人が失踪した話で、「隣人奇譚」は大学時代の友人が失踪した話です。

前作に続き今作も非常に素晴らしい怪談本でした。

レビュー済みの怪談本は以下でまとめています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

もくじ