【怪談本】「怪談グランプリ2018 地獄変」を忖度なしで徹底レビュー

  • URLをコピーしました!

怪談本のレビュー企画、今回は「怪談グランプリ2018 地獄変」をレビューしていきます。

もくじ

「怪談グランプリ2018」レビュー

タイトル怪談グランプリ 2018 地獄変
著者共著
出版元TOブックス
発売日2018/7/10
話数18話(165ページ)
Amazon評価 4.3

怪談は一話ごとに評価をしていきますが、基本的な評価基準は以下です。

プラス評価
マイナス評価
  • リアリティーがある
  • ゾクゾクして怖い
  • 何だか不気味
  • ジーンと感動する
  • ワクワクして面白い
  • ロマンを感じる
  • 想像を掻き立てられる
  • 興味深い
  • 創作感が強い
  • 脚色感が強い
  • ありきたりである
  • どこかで聞いたことがある
  • 読んでも何も感じない
  • 単純につまらない

収録されている怪談と一話ごとの評価は以下ですが、ジャンルは人によって「不思議な話」と感じる方もいれば「怖い話」と感じる方もいると思うので、あくまでも参考程度に捉えてください。

スクロールできます
タイトルジャンル評価
#1呼ぶ声不思議 3.5
#2引きずり人形怖い 3.5
#3怖くない話怖い 2.5
#4通称チャイナタウン怖い 3.0
#5左足怖い 3.5
#6老人ホーム怖い 3.0
#7一人…多い怖い 2.5
#8南側の温泉怖い 3.0
#9生き埋め怖い 3.0
#10現場で起こる不思議な出来事怖い 3.0
#11殺される日怖い 3.5
#12助けを求める女の子怖い 3.0
#13弟からの電話怖い 3.0
#14守られた家系不思議 3.0
#15映画サークル怖い 3.5
#16白い馬の絵怖い 4.0
#17人形の夢をみる怖い 3.0
#18お経の意味怖い 3.0

ピックアップ

ここでは印象的だった怪談をいくつかピックアップして、簡単にあらすじを紹介します。

白い馬の絵

ある大衆演劇の座長(師匠)にまつわるお話。

師匠は絵が巧く、あるとき次の巡業先の劇場主さんから絵を頼まれた。大衆演劇はだいたい一ヶ月の契約で同じ劇場で昼夜二回の公演を行い、座員ともども楽屋で寝泊まりする慣わしになっていて、それを次の劇場へと繋げていくことで一年を過ごしている。

絵を頼まれた師匠は出演中だった地方の劇場の楽屋で仕上げ、次の巡業先の劇場主さんの元へ絵を送った。

その後今いる劇場での一ヶ月公演が終わり、座員を引き連れて次の劇場へと師匠は向かったのだったが、到着すると出迎えてくれた劇場主はなぜか曇った表情だった…。

まとめ

がお的総合評価 2.5

「怪談グランプリ2018 地獄変」は、前作の「怪談グランプリ2017 未公開!タブー怪談」と同じく、価格の割に収録されている怪談の話数が少なく物足りないです。

内容的にはゾッとする話や興味深い話、感動するいい話などはなく、なんとなくちょっと怖いくらいの話がほとんどなので、怪談グランプリのファンの方や、この本に怪談を提供している怪談師のファンの方以外はあまり満足できないかもしれません。

レビュー済みの怪談本は以下でまとめています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

もくじ