【iPhone × IIJmio】月額440円でiPhoneを使える最強運用方法を徹底解説

  • URLをコピーしました!

最近はキャリアも格安SIMも新料金プランを発表して、月額料金を値下げしたり、オンライン専用ブランドを立ち上げて20GBを3,000円前後で使えるようになったりしていますが、「そもそも自宅にWi-Fiがあるし、外では動画視聴もしないからデータ容量は数GBで十分」という方も多いのではないでしょうか。

総務省の調査によれば大手携帯会社4社の契約者の内、約50%の方が月に2GB以下しか使っていないそうです。

 総務省のデータはこちら

そこで今回は、データ容量が少しあればいいという方向けに、iPhoneを超お得に運用する方法を解説します。

がお

iPhoneをなるべく安く運用できれば嬉しいよね。

にゃーさん

そんなことできるの?

がお

できるよ。今回はそのやり方を解説していくね。

にゃーさん

はーーい!

もくじ

最強運用方法
iPhoneを超お得に運用する手順

iPhoneを超お得に運用する手順は以下です。

iPhoneをお得に運用する手順
  1. デュアルSIMの「iPhone」を用意
  2. 楽天モバイル」でnanoSIMを契約
  3. IIJmio」でeSIMを契約

iPhoneを超お得に運用する手順1
デュアルSIMの「iPhone」を用意

デュアルSIMの「iPhone」を用意する

iPhone XS以降に発売されたiPhoneは「nanoSIM」「eSIM」2つのSIMを使えるデュアルSIMになっているので、まずはデュアルSIM対応のiPhoneを用意します。

ちなみにデュアルSIMに対応していると1つのiPhoneで2つの契約ができ、以下のような使い方ができます。

「デュアルSIM」のiPhoneでできること
  • 電話番号を2つ持てる(仕事用とプライベート用)
  • 音声通話プランとデータプランを別々にできる
  • 海外で現地のデータプランを追加できる

デュアルSIMに対応しているiPhoneは以下です。

デュアルSIMのiPhone
  • iPhone 12 Pro Max
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11
  • iPhone XR
  • iPhone XS Max
  • iPhone XS

現在使用しているiPhoneがデュアルSIMに対応しているならそのまま使用できますが、デュアルSIM対応のiPhoneがない場合は別途用意が必要です。

またデュアルSIMを利用する場合は「SIMフリーのiPhone」もしくは「SIMロックを解除したiPhone」でなければならないので、キャリアで購入したiPhoneの場合は事前にSIMロックの解除が必要です。

キャリアのSIMロックの解除手順は以下です。

iPhoneを新しく用意する必要がある場合は、「楽天モバイル」でiPhoneの購入とSIMの契約を同時に行えますし、楽天でiPhoneを購入すると楽天ポイントを20,000ポイントも貰えるので、普通に購入するよりもかなりお得に入手できます。

iPhoneを超お得に運用する手順2
「楽天モバイル」でnanoSIMを契約

「楽天モバイル」でnanoSIMを契約する

iPhoneを用意したら音声通話できるようにするために、音声通話に対応したプランと契約しますが、少しでも料金を安くするためにもっとも料金が安い「楽天モバイル」と契約します。

「楽天モバイル」でiPhoneを購入することも可能です。

携帯各社の音声通話プランでもっとも安いプランは以下です。

携帯各社の音声通話プランの最安値
楽天モバイル0円/1GB
docomo3,465円/1GB
SoftBank3,980円/1GB
au2,178円/1GB
Y!mobile2,178円/3GB
UQ mobile1,628円/3GB
ahamo2,970円/20GB
LINEMO2,728円/20GB
povo2,728円/20GB
イオンモバイル1,243円/500MB
OCN モバイル ONE1,298円/1GB
mineo1,298円/1GB
BIGLOBEモバイル1,276円/1GB
IIJmio1,298円/1GB
※2021年7月現在の料金です

キャリアのメインブランドやサブブランド、オンライン専用ブランド、格安SIMすべてと比較しても、データ使用量1GBまで0円で使用できる「楽天モバイル」が最安値です。

「楽天モバイル」申し込み時にSIMの種類を選べるので「nanoSIM」を選択します。

「nanoSIM」は従来のスマホでも使用されている物理SIMなので、SIMが自宅に郵送されて来ます。

今すぐ「楽天モバイル」に申し込む
初期設定方法はこちら

iPhoneをお得に運用する手順3
「IIJmio」でeSIMを契約

「IIJmio」でeSIMを契約

続いて「IIJmio」のeSIMでもっとも料金が安い2GB440円のプランに申し込みます。

スクロールできます
音声通話SIMSMS対応SIMデータSIMeSIM
2GB858円825円748円440円
4GB1,078円1,045円968円660円
8GB1,518円1,485円1,408円1,100円
15GB1,848円1,815円1,738円1,430円
20GB2,068円2,035円1,958円1,650円

eSIMは物理的なSIMカードではないので、申込後ネット経由で手続きが完結し即使用できるようになります。

今すぐ「IIJmio」に申し込む

これで初期設定を済ませれば、3GBを440円で運用できるiPhoneの出来上がりです。

「楽天モバイル」は1GB以上使うと料金が発生するので1GB以上使わないようにし、「IIJmio」の方では2GBまで使えるので、合わせて3GBまで使用できます。

回線の切り替えはiPhoneの[設定]>[モバイル通信]から行えます。

楽天モバイル用の「iPhone」を探す

楽天モバイル用の「iPhone」を探す

最近は「楽天モバイル」に乗り換える方が多いですが、「楽天モバイル」ではiPhoneX以前のiPhoneは使用できないため、古いiPhoneから乗り換える場合は、なるべく安くて高性能なiPhone SE(第2世代)を購入する方が多いようです。

もっとも価格が安く指紋認証があるモデル。長く使える大人気機種です!

まとめ

iPhoneを超お得に運用する手順
  1. デュアルSIMの「iPhone」を用意
  2. 楽天モバイル」でnanoSIMを契約
  3. IIJmio」でeSIMを契約

データ容量3GBを月額440円で使用できる「格安SIM」は今の所存在していないため、今回紹介した方法がもっともお得にiPhoneを運用する方法です。

データ容量は1GBで十分という方は「楽天モバイル」だけ契約すれば、月額料金0円で使い続けられますが、1GBは少なすぎるから2~3GB欲しいという方は今回の方法を試してみてください。

がお

デュアルSIMを活用するとかなり料金を抑えられるよ。

にゃーさん

こんな使い方があるなんて!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

もくじ