キャリアのオンライン専用ブランド「ahamo/LINEMO/povo」を徹底比較

  • URLをコピーしました!

2020年12月3日にdocomoがオンライン専用ブランド「ahamo(アハモ)」を発表しましたが、対抗ブランドとしてSoftBankが「SoftBank on LINE(ソフトバンクオンライン)」を発表し、auが「povo(ポヴォ)」を発表しました。

オンライン専用ブランド時系列


2020年12月3日
docomoが「ahamo」を発表
2020年12月22日
SoftBankが「SoftBank on LINE」を発表

仮の名称として発表されました。

2021年1月13日
auが「povo」を発表
2021年2月18日
SoftBankが「LINEMO」を発表

「SoftBank on LINE」の正式名称として発表されました。

以降
各社サービス開始に向け細かい仕様変更を繰り返す

今回は「ahamo/LINEMO/povo」それぞれの料金プランを詳しく解説していきます。

がお

ドコモが「ahamo」を発表した時は、良い意味で期待を裏切ってくれたから驚いたね!

にゃーさん

まさかあれだけの料金プランを出すとは思わなかったね。

がお

対応プランとしてソフトバンクとauも似た内容のプランを発表したから、それぞれの料金プランについて情報をまとめていくよ。

もくじ

各社の料金プラン比較

「ahamo/LINEMO/povo」の比較表は以下です。

スクロールできます
ahamoLINEMOpovo
サービス開始日3月26日3月17日3月23日
回線docomoSoftBankau
5G対応対応対応
料金プラン2,970円/20GB2,728円/20GB2,728円/20GB
データチャージ550円/1GB550円/1GB550円/1GB
データ容量超過後
の通信速度
最大1Mbps最大1Mbps最大1Mbps
時間帯による
速度制限
なし可能性あり可能性あり
国内通話5分以内無料22円/30秒22円/30秒
通話オプションかけ放題:1,100円5分かけ放題:550円
かけ放題:1,650円
5分かけ放題:550円
かけ放題:1,650円
留守番電話使用不可使用不可使用不可
キャリアメール使用不可使用不可使用不可
キャリア決済使用可能使用可能使用可能
キャリア継続利用期間引き継ぎ可能引き継ぎ不可引き継ぎ不可
テザリング無料無料無料
国際ローミング20GB以内無料別途通信量別途通信量
eSIM対応対応対応
家族割のカウント対象対象外対象外
公式サイト今すぐチェック 今すぐチェック 今すぐチェック

細かい違いはいくつかありますが、大きな違いは”5分以内かけ放題”が付いているかどうかです。

「LINEMO」「povo」は5分以内かけ放題が付いていないため月額料金が若干安くなっていますが、オプションで5分以内かけ放題を付けると「ahamo」よりも月額料金が高くなります。

5分以内かけ放題を付けた場合の各社の月額料金は以下です。

スクロールできます
ahamoLINEMOpovo
月額料金2,970円2,728円2,728円
通話オプション550円
(1年間無料)
550円
合計の月額料金2,970円3,278円
(1年目は2,728円)
3,278円

「LINEMO」は契約した最初の1年間限定で、通常550円の5分以内かけ放題が無料になるキャンペーンを実施しているので、最初の1年間だけは3社の中でもっとも料金が安いです。

キャンペーン終了後の2年目以降は通常価格に戻るので、5分以内かけ放題が必要な方は長期的に見ると「ahamo」がもっとも低料金でお得です。

また「LINEMO」「povo」は目立たない場所に小さく”時間帯による速度制限の可能性あり”と記載されていますが、3社の中で唯一「ahamo」だけが”時間帯による速度制限なし”ときちんと記載されているのもポイントが高いです。

次からは各料金プランをより詳しい解説していきます。

「ahamo」の料金プラン解説

docomoのオンライン専用ブランド「ahamo(アハモ)」
ahamoサービス内容
サービス開始日3月26日
契約対象者20歳以上の個人(法人不可)
回線docomo
5G対応
料金プラン2,970円/20GB
データチャージ550円/1GB
月額料金2,970円
データ容量20GB
データ容量超過後
の通信速度
最大1Mbps
時間帯による
速度制限
なし
国内通話5分以内無料
通話オプションかけ放題:1,100円
留守番電話使用不可
キャリアメール使用不可
キャリア決済使用可能
キャリア
継続利用期間
引き継ぎ可能
テザリング無料
国際ローミング20GB以内無料
eSIM対応
家族割カウント対象
公式サイト今すぐチェック

基本的に「ahamo」へのお申込みはドコモショップで受け付けておらず、「ahamo」の専用サイトからお申込みしなければなりませんが、手続き方法がわからない場合は、ドコモショップにて有料(3,300円)でお申し込みのサポートをしてくれます。

また「ahamo」はオンライン専用ブランドなので、サポートも専用チャット経由のみでしか対応しておらず、ドコモショップや電話でのサポートは一切受けられないため、店舗でのサポートが必要という方は注意してください。

「ahamo」の特徴と注意点は以下です。

特徴
  • 新規契約事務手数料無料
  • 機種変更手数料無料
  • MNP転出手数料無料
  • 時間帯による速度制限なし
  • 5分以内の国内通話無料
  • キャリア継続利用期間は継続
  • 家族割のカウント対象
  • テザリング無料
  • 国際ローミング20GBまで無料
  • eSIMは提供予定
注意点
  • お申込みはWEBサイトのみ
  • サポートは専用チャットのみ
  • 契約は20歳以上の個人のみ
  • 留守番電話サービスは利用不可
  • キャリアメールは利用不可
  • お支払いは口座振替かクレカ

基本的に縛りや各種手数料などがなく、オンライン専用ブランドなので、実店舗や電話でのお申込みやサポートは受けられず、キャリアメールは利用できなくなります。

また国際ローミングに対応しているので、「ahamo」の使用可能データ容量の20GB以内なら海外でも料金がかからず無料で使用できます。

割引に関してですが、「ahamo」はドコモ回線の契約数に応じて割引を受けられる「ファミリー割」にカウントされるので、家族内の誰かがdocomoから「ahamo」に乗り換えても、「ahamo」以外の契約者は今まで通り割引サービスが継続されます。

今すぐ「ahamo」をチェックする

「LINEMO」の料金プラン解説

SoftBankのオンライン専用ブランド「LINEMO(ラインモ)」
LINEMOサービス内容
サービス開始日3月17日
契約対象者20歳以上の個人(法人不可)
回線SoftBank
5G対応
料金プラン2,728円/20GB
データチャージ 550円/1GB
データ容量超過後
の通信速度
最大1Mbps
時間帯による
速度制限
可能性あり
国内通話22円/30秒
通話オプション5分かけ放題:550円
かけ放題:1,650円
留守番電話使用不可
キャリアメール使用不可
キャリア決済使用可能
キャリア
継続利用期間
引き継ぎ不可
テザリング無料
国際ローミング別途通信量
eSIM対応
家族割のカウント対象外
Yahooプレミアム
会員費
無料対象外
PayPayモール
還元率アップ
対象外
公式サイト今すぐチェック

「LINEMO」へのお申込みはソフトバンクショップで受け付けておらず、「LINEMO」の専用サイトからお申込みしなければなりません。

また「LINEMO」はオンライン専用ブランドなので、サポートも専用チャット経由のみでしか対応しておらず、ソフトバンクショップや電話でのサポートは一切受けられないため、店舗でのサポートが必要という方は注意してください。

「LINEMO」の特徴と注意点は以下です。

特徴
  • 契約解除料無料
  • 番号移行手数料無料
  • 契約事務手数料無料
  • 5分かけ放題が1年間無料
  • キャリア決済対応
  • テザリング無料
  • eSIMに対応
  • LINEギガノーカウント
  • LINEスタンプ使い放題予定
注意点
  • お申込みはWEBサイトのみ
  • サポートは専用チャットのみ
  • 契約は20歳以上の個人のみ
  • 時間帯による速度制限の可能性あり
  • 留守番電話サービスは利用不可
  • キャリアメールは利用不可
  • キャリア継続利用期間引き継ぎ不可
  • 家族割のカウントは対象外
  • 国際ローミングは別途通信量
  • Yahooプレミアム会員費は無料にならない
  • PayPayモール還元率アップ対象外

基本的に各種手数料がなく、オンライン専用ブランドなので、実店舗や電話でのお申込みやサポートは受けられず、キャリアメールは利用できなくなります。

また国際ローミングに対応していますが、「ahamo」が20GB以内無料なのに対して、「LINEMO」はいくらデータ容量が残っていても海外では別途通信量がかかります。

他のキャリアとの差別化した部分は、LINEのサービスでデータ容量を消費しないことです。

LINEギガフリー対象サービス
  • Face Play
  • 各タブトップの表示
  • 音声通話・ビデオ通話の利用
  • トークの利用(テキスト・音声メッセージ・スタンプ・画像・動画・その他ファイルなどの送受信)
  • トークのみんなで見る機能による画面シェア
  • 各トークにおける設定・アルバム・ノートなどの表示・編集
  • タイムラインの表示・投稿・シェア
  • ディスカバー(写真・動画)の表示
  • ウォレットタブのLINE Payの利用
  • ウォレットタブのLINE家計簿の利用
  • 設定および各項目の表示・編集
  • 友だち追加画面の表示・各項目の操作・友だちの追加
  • プロフィールの表示・編集・投稿
  • 検索の利用

逆に以下のサービスは「LINEギガフリー」の対象外です。

LINEギガフリー対象外サービス
  • トークでの位置情報の共有
  • トークでのShoppinトークの利用
  • トークでのジフマガの利用
  • トークのみんなで見る機能によるYouTube閲覧
  • Liveの利用
  • ニュース記事詳細の閲覧
  • OpenChatの利用
  • スタンプショップの利用
  • 着せ替えショップの利用
  • LINEファミリーサービスの利用(マンガやゲーム、ポイントクラブなど)
  • LINE Liteの利用
  • 海外のアプリストアでダウンロードしたLINEの利用
  • 他社サイトへの接続(URLなどのクリック)
  • 他社アプリへの遷移

「LINEMO」「ahamo」の値下げに対抗して、急遽5分かけ放題を1年間無料としましたが、そもそもLINE通話はLINEギガフリーの対象で、データ容量を消費せずに通話し放題なので、対抗手段としてちょっと弱いのではないかと思います。

またソフトバンクの回線をそのまま利用しており高速通信だとは思いますが、小さく”時間帯により速度制御の場合あり”と記載されているのも気になります。

今すぐ「LINEMO」をチェックする

「povo」の料金プラン解説

auのオンライン専用ブランド「povo(ポヴォ)」
povoサービス内容
サービス開始日3月23日
契約対象者20歳以上の個人(法人不可)
回線au
5G夏頃対応予定
料金プラン2,728円/20GB
データチャージ 550円/1GB
データ容量超過後
の通信速度
最大1Mbps
時間帯による
速度制限
可能性あり
国内通話22円/30秒
通話オプション5分かけ放題:550円
かけ放題:1,650円
留守番電話使用不可
キャリアメール使用不可
キャリア決済使用可能
キャリア
継続利用期間
引き継ぎ不可
テザリング無料
国際ローミング別途通信量
eSIM対応
家族割のカウント対象外
公式サイト今すぐチェック

「povo」へのお申込みはauショップで受け付けておらず、「povo」の専用サイトからお申込みしなければなりません。

また「povo」はオンライン専用ブランドなので、サポートも専用チャット経由のみでしか対応しておらず、auショップや電話でのサポートは一切受けられないため、店舗でのサポートが必要という方は注意してください。

「povo」の特徴と注意点は以下です。

特徴
  • 契約解除料無料
  • 番号移行手数料無料
  • 新規事務手数料無料
  • キャリア決済利用可能
  • テザリング無料
  • 国際ローミング対応予定
  • eSIMに対応
  • 有料オプションが豊富
注意点
  • お申込みはWEBサイトのみ
  • サポートはオンラインのみ
  • 契約は20歳以上の個人のみ
  • 時間帯による速度制限の可能性あり
  • 留守番電話サービスは利用不可
  • キャリアメールは利用不可
  • キャリア継続利用期間引き継ぎ不可
  • 家族割のカウントは対象外

基本的に各種手数料などがなく、オンライン専用ブランドなので、実店舗や電話でのお申込みやサポートは受けられず、キャリアメールは利用できなくなります。

また「povo」では有料オプションのことをトッピングと呼んでおり、「データ使い放題24時間」というオリジナルのトッピングがあります。

データ使い放題24時間
220円データ残容量を消費することなく24時間データ使い放題

「データ使い放題24時間」はわずか220円で24時間データ使い放題ですが、”時間帯による速度制限の可能性がある”と記載されています。

またグループに加入している家族の人数に応じて料金が割引される、auの家族割プラスのカウントは対象外ですが、早期申込特典として夏頃までに「povo」を契約するとカウント対象になります。

今すぐ「povo」をチェックする

まとめ

スクロールできます
ahamoLINEMOpovo
サービス開始日3月26日3月17日3月23日
回線docomoSoftBankau
5G対応対応夏頃対応予定
料金プラン2,970円/20GB2,728円/20GB2,728円/20GB
データチャージ550円/1GB550円/1GB550円/1GB
データ容量超過後
の通信速度
最大1Mbps最大1Mbps最大1Mbps
時間帯による
速度制限
なし可能性あり可能性あり
国内通話5分以内無料22円/30秒22円/30秒
通話オプションかけ放題:1,100円5分かけ放題:550円
かけ放題:1,650円
5分かけ放題:550円
かけ放題:1,650円
留守番電話使用不可使用不可使用不可
キャリアメール使用不可使用不可使用不可
キャリア決済使用可能使用可能使用可能
キャリア継続利用期間引き継ぎ可能引き継ぎ不可引き継ぎ不可
テザリング無料無料無料
国際ローミング20GB以内無料別途通信量別途通信量
eSIM対応対応対応
家族割のカウント対象対象外対象外
公式サイト今すぐチェック 今すぐチェック 今すぐチェック

細かい違いはいくつかありますが、大きな違いは”5分以内かけ放題”が付いているかどうかです。

「LINEMO」「povo」は5分以内かけ放題が付いていないため月額料金が若干安くなっていますが、オプションで5分以内かけ放題を付けると「ahamo」よりも月額料金が高くなります。

それぞれ他社と比べて優れている部分は以下です。

「ahamo」の強み
  • 速度制限なし
  • 5分かけ放題無料
  • キャリア利用期間継続
  • 海外でも20GBまで無料
  • 家族割のカウント対象
「LINEMO」の強み
  • eSIM対応
  • LINEギガノーカウント
  • LINEスタンプ使い放題
「povo」の強み
  • eSIM対応
  • オリジナル有料オプション

個人的には「LINEMO」の5分かけ放題が1年間無料になるサービスや、「povo」の夏までに申し込めば家族割にカウントするなど、期間限定でお得なるサービスはどうなんだろうかと疑問です。

オンライン専用ブランドで今までよりもシンプルにするはずが、結局いついつまでの期間限定のサービスなどを提供し始めたら、結局また複雑になってしまうかもしれません。

その点では今の所、期間限定などのわかりづらいサービスがなく、時間帯による速度制限が唯一ない「ahamo」がもっとも魅力的かなと思います。

がお

3社とも結果的に同じようなプラン内容だけど、個人的にははじめに値下げに踏み切ったドコモを評価したいね。

にゃーさん

ソフトバンクとauは後出しで真似した形だね。

がお

あと「ahamo」はキャリア継続利用期間を引き継げるから強いと思う。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

もくじ