イオンモバイルに新料金「さいてきプラン」登場!新旧料金プランを徹底比較

  • URLをコピーしました!

3月4日にイオンリテール株式会社が提供している格安SIM『イオンモバイル』の新料金プラン「さいてきプラン」が発表されました。

また8月12日には、10月以降の月額料金をさらに値下げすることなども発表されたので、今回は『イオンモバイル』の新料金プランの詳細と新旧料金プランで何が変わったのかなどを詳しく解説していきます。

新料金プランの流れ


3月4日
「さいてきプラン」発表

新料金プランとして発表。

4月1日
「さいてきプラン」登場

旧料金プランから大幅値下げ。

8月12日
料金改定と新サービス発表

10月1日以降月額料金が一律220円値下げなどを発表。

がお

「イオンモバイル」も新料金プランを発表したね。

にゃーさん

ここ最近は毎週のように新料金プランが発表されるね。

がお

各社とも今のままの料金プランだと他社にお客さんを取られちゃうから値下げせざるを得ないからね。

にゃーさん

じゃ今回は「イオンモバイル」の新料金プランについて解説お願いね!

もくじ

『イオンモバイル』新料金「さいてきプラン」

新料金プラン「さいてきプラン」の料金表は以下です。

10月1日以降さらに値下げすることを発表

イオンモバイルは10月1日以降、音声プランとシェア音声プランの月額料金を一律220円値下げすることを発表しました。データプランは値下げ対象外です。

容量音声プランデータプラン
0.5GB1,023円
1GB1,078円528円
2GB1,188円748円
3GB1,298円858円
4GB1,408円968円
5GB1,518円1,078円
6GB1,628円1,188円
7GB1,738円1,298円
8GB1,848円1,408円
9GB1,958円1,518円
10GB2,068円1,628円
12GB2,178円1,738円
14GB2,288円1,848円
20GB2,398円1,958円
30GB4,378円3,938円
40GB5,478円5,038円
50GB6,578円6,138円

総務省の調査データによれば大手携帯会社4社(docomo/SoftBank/au/楽天)の契約者の内、約8割の方は月のデータ使用量が10GB以下しか使用しておらず、さらにその中の約5割の方は月に2GB以下しか使用していないというデータがあります。

総務省のデータはこちら

「さいてきプラン」では1GBから10GBまで細かくデータ容量を選べるので、どなたにでもピッタリ合う料金体制になっており、余ったデータ容量も翌月に繰り越せます。

さらに今まで1,650円で提供していた有料オプションの「050かけ放題」が、1,078円に値下げされより使いやすくなります。

「050かけ放題」とは?

「050かけ放題」に申し込むと050から始める電話番号を一つ付与されるので、仕事とプライベートで電話番号を使い分けられ、050の方は国内通話が24時間通話し放題になります。

『イオンモバイル』新旧料金プラン比較

続いて新旧料金プランを比較していきますが、まずは「音声プラン」を比較します。

ちなみに新料金プランの0.5GB~10GBまでを「さいてきプラン」と呼び、12GB~50GBまでを「さいてきプランMORIMORI」と呼びますが、ここでは「さいてきプラン」に統一して記載しています。

音声プランさいてきプラン旧料金プラン
0.5GB1,023円1,243円
1GB1,078円1,408円
2GB1,188円1,518円
3GB1,298円
4GB1,408円1,738円
5GB1,518円
6GB1,628円2,178円
7GB1,738円
8GB1,848円2,948円
9GB1,958円
10GB2,068円
12GB2,178円3,278円
14GB2,288円3,938円
20GB2,398円4,378円
30GB4,378円5,478円
40GB5,478円6,578円
50GB6,578円7,678円

続いて「シェア音声プラン」の比較です。

シェア音声プランさいてきプラン旧料金プラン
0.5GB
1GB
2GB
3GB
4GB1,738円1,958円
5GB1,848円
6GB1,958円2,508円
7GB2,068円
8GB2,178円3,278円
9GB2,288円
10GB2,398円
12GB2,508円3,608円
14GB2,618円4,268円
20GB2,728円4,708円
30GB4,708円5,808円
40GB5,808円6,908円
50GB6,908円8,008円

続いて「データプラン」の比較です。

データプランさいてきプラン旧料金プラン
0.5GB
1GB528円528円
2GB748円858円
3GB858円
4GB968円1,078円
5GB1,078円
6GB1,188円1,628円
7GB1,298円
8GB1,408円2,178円
9GB1,518円
10GB1,628円
12GB1,738円2,618円
14GB1,848円3,278円
20GB1,958円3,608円
30GB3,938円4,708円
40GB5,038円6,028円
50GB6,138円7,128円

比較表を見るとひと目でわかるように、「さいてきプラン」ではどのプランもデータ容量の選択肢が増え、料金も大幅に値下げされています。

またはじめにどの料金プランと契約しても、後からマイページで好きなようにプランを変更できるので、ご自身の利用状況に応じて柔軟に対応できます。

たとえば余ったデータ容量は翌月に繰り越せますが、できれば余らせずなるべく無駄なく使用したいという方でも、1GB刻みでデータ容量を選べるので、実際のデータ使用量により近いプランに変更できます。

「さいてきプラン」の特徴
  1. データ容量の選択肢増加
  2. 月額料金が大幅に値下げ
  3. 「050かけ放題」が値下げ
  4. 余ったデータ容量は翌月に繰り越せる
  5. プランはマイページから毎月変更可能

「さいてきプラン」の注意点

「さいてきプラン」には以下の注意点があります。

注意点
  • 新設されたデータ容量への変更はお申し込みが必要

たとえば現行の音声プランの1GBを契約している方は、4月1日の利用分から自動的に「さいてきプラン」が適用され月額料金が安くなりますが、現行プランにはなく「さいてきプラン」から新設された3GBや5GBを利用したい場合は、4月1日以降にマイページからプラン変更が必要です。

料金改定(値下げ)と新サービス

イオンモバイルを提供しているイオンリテール株式会社は、8月12日に料金改定と新サービスについて発表をしました。

発表された内容の中でとくに利用者に影響のあるものは以下です。

発表内容
  1. 音声/シェア音声プラン料金改定
    • 音声プランとシェア音声プランの月額基本料金を一律220円値下げ。
  2. 国内音声通話料改定
    • 専用アプリを使用しなくても通話料が11円/30秒に値下げ。
  3. 「イオンでんわフルかけ放題」の登場
    • 秋頃に通話かけ放題のオプション登場。

要は基本料金と通話料の値下げ、さらに完全かけ放題の通話オプションが新たに加わります。

基本料金と通話料の値下げは10月1日から始まりますが、通話オプションの「イオンでんわフルかけ放題」はまだ日にちが決まっておらず、秋頃に提供が開始される予定になっています。

ちなみに「イオンでんわフルかけ放題」の料金は月額1,650円です。

まとめ

「さいてきプラン」の特徴
  1. データ容量の選択肢増加
  2. 月額料金が大幅に値下げ
  3. 「050かけ放題」が値下げ
  4. 余ったデータ容量は翌月に繰り越せる
  5. プランはマイページから毎月変更可能

新料金プランを踏まえての「イオンモバイル」の基本スペックは以下です。

イオンモバイルサービス内容
通信回線docomo/au
5G非対応(今後対応予定)
料金プラン
(種類多数)
音声プラン:803円/0.5GB~
データプラン:528円/1GB~
データ容量くりこし可能
データチャージ528円/1GB
国内通話11円/30秒
通話オプション5分かけ放題:550円
10分かけ放題:935円
IP電話かけ放題:1,078円
完全かけ放題:1,650円(秋頃提供予定)
キャリア決済不可
テザリング無料
節約モードあり
eSIM非対応
支払い方法クレジットカードのみ
データ容量超過後
の通信速度
最大200Kbps

『イオンモバイル』は格安SIMの中でもとくにデータ容量の選択肢が多く、データ容量を増やしたり減らしたりしたいと思ったらマイページから気軽に毎月プラン変更できて、どんな使い方の方にも柔軟に対応できます。

\ 1,078円/1GBから利用可能 /

がお

「イオンモバイル」はデータ容量の選択肢が多くて利用者のことを考えているのがわかるね。

にゃーさん

めっちゃ親切だね!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

もくじ